LYRIC

Nogizaka46 Lyrics 歌詞

Artist: 乃木坂46
Song: 告白の順番
Album: 帰り道は遠回りしたくなる – Single
Year: 2018

Kanji:

星空の停留所 何度送ってもらったか
いつだってここまでで じゃあねでお別れね
そんなに魅力がないのかなんて なんだかむかつくわ
幼なじみなんて 何にも始まらないのかな

誰かがあなたに恋をしている
だけど何も気づいてない 鈍感な人
そのうち自分で気づいてくれるまで
絶対私のほうが先に告白なんかしない

今まで付き合ってきた 彼氏を紹介してきたし
悩み相談をした 兄弟みたいにね
一番近くの大事な人とある時わかったの
それでも二人が 何も変わらないのはなぜ

確かに私は恋をしている
だけど何も言い出せない 恥ずかしすぎる
いつもと変わらぬ会話のその途中
偶然あなたのほうが先に告白してちょうだい

本当は好きだと
どうすれば言える
伝えるきっかけ
みつからないの

誰かがあなたに恋をしている
だけど何も気づいてない 鈍感な人
そのうち自分で気づいてくれるまで
絶対私のほうが先に告白なんかしない

いつしか互いに恋をしていた
どちらからも言い出さない じれったいほど
クリスマスの夜 雪でバスが遅れて
自然に二人は同時に 告白しましたとさ


Added by

Jmlyrics

SHARE

Comments are off this post

ADVERTISEMENT